2007年09月06日

はじめての入院

とうとう歯石除去手術をうけたク−ゲル君。

前日の夜6時以降から禁飲食で手術当日は1泊入院。
もうすぐ7才になる今まで、1人で身内以外のところにはお泊まりしたことがないので、家族はみんな心配でした。

手術当日、ボクまだご飯食べてないけどお出かけ?っていう顔で、でも嬉しそうに車に乗るクーゲル君。何だかちょっとかわいそうな気がしたけど、いざ病院へ。
簡単な診察の後、血液検査等の術前検査→手術ということで、ここでバイバイHelloすることに。“手術は夕方には終わっていますから、後でお電話いただければ様子をお伝えできますよ。”と先生がおっしゃるのでママはお家に帰ってきました。
大丈夫って信じていても、全身麻酔となるとやっぱり心配顔(汗)で、
夕方まで、時計ばっかりみてました。

4時過ぎた頃病院に電話をしてみたら、“無事に終わっています。まだ麻酔がきいているのでICUにいますが、意識も戻ってきているのでもうすぐ普通のお部屋に移動します。”と教えて下さいました。
“よかった〜わーい(嬉しい顔)わーい(嬉しい顔)”ひと安心です。

次の日・・・
お迎えに行く途中、夕べは眠れたのかしら?とか、今朝はちゃんとご飯たべたかな?とか色々考えているうち、‘新庄’みたいに歯が真っ白になったクーちゃんを想像したら、やたらおかしくて大笑いしてしまった顔(イヒヒ)顔(イヒヒ)顔(イヒヒ)

いよいよ再会の時。揺れるハート揺れるハート揺れるハート
先生に抱っこされて現れたクーゲル君。想像してたよりとても元気で、ホッとしました。
口を開けると、“新庄だぁ”っいうくらい歯が真っ白!!
すばらしい!! ちょっと気になってたお口の臭いも全く無い!!
すごい!!
よかったね、クーちゃんるんるん がんばったね、クーちゃんGood
これからは毎日歯磨きがんばろうね手(チョキ)手(チョキ)手(チョキ)


かわいいbanner_12.gifかわいい人気ブログランキングへ
ぽち猫(足)っとしていただけるとうれしいです
ニックネーム SATOKO at 22:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 動物病院 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/1068857
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック